佐賀市では全ての小中学校への冷房設置を平成30年度中に完了?

熱中症による事故を受けて、小学校、中学校への冷房(エアコン)の導入が話題になっていますが、佐賀市では2014年度に、5カ年計画として2018年度(平成30年度)までの完了を目標に市内全ての小中学校へのエアコンの導入を決定していました。

『全小中学校にエアコン整備 佐賀市5年かけ』佐賀新聞
佐賀市は、小中学校53校全ての通常学級と特別支援学級の教室約730カ所にエアコンを整備する。児童生徒の体調管理と快適な学習環境の確保が狙い。2014年度から5年をかけて設置する。

実際の進捗率が気になるところではありますが、昨年7月に文部科学省から発表された資料によると小学の設置率は39.4%、中学は66.0%の状況のようです。2014年度の設置率では18.7%とのことだったようですので、いちよは進んでいる感じ。。。

しかしながら最終年度となる今現在、まだ多くの小学校への冷房導入が完了していないようにも聞こえますので、本当に設置が完了するのかが気になるところですね。

とはいえ佐賀市としても目標通り、本年度中の設置完了を目指しているのには変わり無いようですので、期待しておきたいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。