【就活】佐賀のIT界隈で働きたい新卒者に伝えたい一言。給料妥協しちゃ駄目だよ

こういったWEBサイトを運営していることもあり、知人や後輩たちから「佐賀でITの仕事がしたいです」という相談を受けることが往々にしてあります。いいねいいね!

佐賀にだっていろいろと話題のIT企業がたくさんあります。例えば最近、急激に佐賀や全国での知名度や技術力を上げて従業員数がモリモリと増えている木村情報技術株式会社さん。 また佐賀大学在外中に起業して今では佐賀だけによらず全国的にも有名な株式会社オプティムさん。佐賀大学構内にAIを活用した無人の店舗などを試験オープンするなど、全国的にも面白い取り組みが豊富です。

いずれの企業もAI、RPMの分野でも県内トップクラスの会社さんたちですが、誰もが知っている株式会社Cygamesさんなども佐賀にデバッグセンターを設けて既に大量の人員で運用していたり、今現在 非常に大規模な自社ビルと拠点を建設中など、佐賀のIT界隈は非常に盛り上がりをみせてもいます。

が、しかし。。。。

安易に「え、じゃあ佐賀のIT企業に就職するわ」というのはちょっとすぐにはおすすめできません。(住むには最高なんですが!!!)
なぜなら。。給料がすぐ近くの都市圏である博多などのIT企業に比べるとびっくりするぐらい低い場合もあるからです。ほんとビックリするぞ。

35歳で月の手取り20万ちょいとかも

例えば、一般的な働き盛り絶頂期ともいえる30代半ばで月の手取りが20万ちょっと という話もよく耳にします。いや低すぎない?

それが博多などにいくと、新卒で働き始めて35歳の頃には手取り30万とかたくさんありますからね。その差は大きいです。

佐賀は物価が低いからしょうがないよ‥ なんて事も耳にしますが、ぶっちゃけあまり他の都市とも代わりません。むしろ車などは都市部に比べると価格が高い。

いずれにせよ「佐賀は地方だから」という言葉で安易に社会人になってからの給料を妥協してしまうと、10年超えて家族が増えて責任も増えて来た、そんな時に「え、、おまえそれバイトの給料じゃん」なんていう同級生からの非常に悲しい一言を受けかねないのです。

だからこそ妥協してほしくない

だからこそ、新卒で佐賀で働くにあたって、「30代半ばでの御社での平均月給(年収じゃない)」という情報はしっかりと把握しておいてもらいたいな、と思います。あと福利厚生、これも大事。(会社によっては残業時に夕食代を支給してくれる会社さんもあります)

もちろん給料だけがいちが・・・いちが・・・いや、やっぱり給料です。何はともあれお金が無いと生活できていけないですし、子どもたちにも美味しい物や楽しい旅行をさせてあげられませんから。

ぜひ、これから佐賀での就職を考えられている学生さん。佐賀のIT企業への就職(もちろんIT企業によらずの話ですが)を考えている学生さんには、働き盛りになったときの自分のライフプランをしっかりと立てられのかどうかを確認して欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。