佐賀市内の人気の土地はやっぱりあそこ。平成31年の公示地価が公表

先日19日に国土交通省から平成31年の公示地価が一斉に公表され、佐賀県では28年ぶりに住宅地、商業地、工業地の3用途で全ての地価が上昇しています。頑張っとるね佐賀県!(上から目線)

ここ最近の佐賀県への海外観光客、特にアジア地域からの来訪や、県外からの移住者の増加なども好影響を与えたといったところでしょうか。雨後のたけのこのようにマンションの建設が続いている佐賀市内を見ると、生活圏としての人気も高まってるのかな~ と感じます。

さてそんな状況を見ていると『佐賀市内の地価って結局のところ人気だったのはどこなの?』というのが気になってきますよね。というわけで佐賀県が発表している情報を元にさらに簡単にまとめてみました。

ザ・ベストテンならぬ、ザ・地価ベストファイブ(佐賀市)!!

尚、あくまで高価格順なので、いろいろな要因あっての『価格』です。

住宅地の高価格順位

佐賀市内における住宅地の高価格順位(トップ5)は以下のようになっています。

  • 1位 八幡小路
  • 2位 城内1丁目
  • 3位 水ケ江2丁目
  • 4位 兵庫北5丁目
  • 5位 松原4丁目

地方裁判所近辺にあたる八幡小路一帯、やはり価格も高いですね。古い街になるので土地も余っていませんし、ある意味飽和な状態というのもあるのでしょうか。全体的に市中心部が軒並み揃っています。

そして、ゆめタウンがある兵庫北5丁目が入ってきたのはまぁそうだよねといったところ。佐賀県総合運動場一帯の整備計画でSAGAアリーナの準備が進み、アリーナへのアクセスが良くまたゆめタウン佐賀が近いということで依然として兵庫北一帯の人気は高いようです。

上昇率も兵庫北5丁目がぶち抜いていました。

商業地の高価格順位

佐賀市内における商業地の高価格順位(トップ5)は以下のようになっています。

  • 1位 駅前中央1丁目
  • 2位 中央本町1
  • 3位 神野東2丁目
  • 4位 多布施1丁目
  • 5位 中央本町4

これは・・・うん、駅強い。。。 順当といったところですね。

ちなみに上昇率としては神野東が1位(対前年変動率10.7%)、兵庫北4丁目が2位(対前年変動率7%)となっており、神野東がグイッと上がっているようでした。なぜに神野東が・・・。理由がイマイチ掴めませんでした。

また兵庫北4丁目はゆめタウン佐賀の西の方面です。

まとめ。佐賀人としては全体上昇でなにより

全体的に低下しました!!!という悲しいニュースを聞くよりはいいよね、と思うところの地価上昇。固定資産税が上がる‥ とかいう切ない事態にもなりかねないところですが、全体的に佐賀市の人気や景気が盛り上がりつつあるのは嬉しいかな~、とも思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。